品質方針/環境方針/特許

company

国際品質保証規格ISO9001

品質方針

株式会社吉川組は2001年7月5日、一般財団法人日本品質保証機構JQAより国際品質保証規格ISO9001を取得いたしました。
顧客のニーズを捉え、その信頼を得る良質な業務の遂行によって、地域社会に貢献するとともに、マネジメントシステムを通じて「意図した結果」を達成し、会社の健全な発展を目指していきます。

  • 1保有する技術・技能・人格と品質管理技術を高め、駆使すること。
  • 2顧客の期待と顧客への感謝の気持ちを忘れずに、業務の遂行に努力すること。
  • 3的確なリスク管理に取組み、常に改善を心掛け、努力を継続することで企業力の向上を目指すこと。
環境マネジメントスタンダードシステム

環境方針

株式会社吉川組は2007年3月31日、環境マネジメントスタンダードシステム(KES ステップ2)を取得いたしました。
地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、全組織を上げ環境負荷の低減および環境保護に努力します。

株式会社吉川組は、土木・建築工事の事業活動に係わる全ての活動、製品およびサービスの環境影響を改善するために、次の方針に基づき環境マネジメント活動を推進して地球環境との調和を目指します。

当社の活動、製品およびサービスに係わる環境影響を常に認識し、環境汚染の予防および環境保護を推進するとともに、環境マネジメント活動の継続的改善を図ります。なお、環境保護には持続可能な資源の利用、気候変動の緩和および気候変動への適応などを含みます。

当社の活動、製品およびサービスに係わる環境関連の法的およびその他の要求事項を順守します。

当社の活動、製品およびサービスに係わる環境影響のうち、以下の項目を環境管理重点テーマとして取り組みます。
a.電力使用量の低減 b.燃料消費量の低減 c.事務用紙使用量の低減 d.事務所周辺地域の清掃活動 e.地域環境活動への参加

一人ひとりが環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、この環境宣言を組織の全員に周知します。

京のアジェンダ21フォーラムのパートナーシップに基づく地域の環境改善活動に積極的に参画します。上記方針達成のために、環境改善目標を設定するとともに定期的に見直し、環境マネジメント活動を推進します。

近畿地方整備局

近畿地方整備局

近畿地方整備局より大規模な自然災害に対して、社会インフラの二次災害防止や緊急対応、 早期復旧・復興を図るため、建設会社自身が自社の被害を軽減し、早期に通常業務に復帰 するための災害対応力の強化を図る計画に対して「災害時建設業継続力認定」をいただきました。

特許・実用新案

株式会社吉川組では、以下の特許および実用新案を
取得しています。

特許
第5207486号 コンクリートバイブレーター

実用新案登録
第3139773号 騒音防止装置
第3212716号 土のう穿孔機

quality
quality
quality
quality
quality
quality
quality
quality
quality

ABOUT US

吉川組を知る